オフィスジャパンの経営サポート|効率がいい業務のやり方

  1. ホーム
  2. 失敗しない導入方法

失敗しない導入方法

メンズ

設計が大事

顧客管理を行うためには、CRMシステムを導入することが大事なポイントになります。しかし数あるシステムのうちどれを選定するのが最も良い方法なのか模索する必要があります。CRMシステムは、パッケージ版として販売されていることが多くなっています。それをベースに自社専用のシステムに改修することが一般的な方法となっています。一度の改修作業ではその都度コストがかかることが一般的です。そのため効率的に組み立てることが最低限必要になります。初期の設計段階で間違えるとこの先もCRMシステムのコストばかり膨れ上がる結果になってしまうのです。CRMシステムを導入する際には、何と連動させるのかを検討しておくことが必要になります。すでに自社で専用の顧客ホームページシステムや受注システム、そして別の顧客管理システムなどが存在する場合、別々に稼働させることは非効率になります。そのため、できる限り一つに集約することがベストなのです。段階的にでもその構想を持って設計することが大事なポイントになります。また誰がそのシステムを使用するのかを重要視することも大事です。システムの情報反映の速度なども影響するため、設計の段階で想定されるリスクを洗い出ししておくことが大事なポイントになります。CRMシステムは、テスト稼働を何度も繰り返してリリースすることが大事です。現場の生の声を反映させたシステムは、導入成功となる確率がより高くなるのです。